キャッシングをしている業者が破たんした場合

キャッシングを利用している業者が破たんした場合、もしかして返済をしなくて済むのではと思ってしまう人もいるかもしれませんがそのようなことはありません。債権というのは立派な資産ですから例えキャッシング業者が破たんをしたとしても、今度は別の債権者のもとに債権が移るだけなので返済をする先が変わるだけで借金が帳消しになるということはないのです。そのため、借りている業者が潰れようと潰れまいと借りている側からすればあまり関係のないことではあるのですが、例外として取り立てが厳しくなってしまうという可能性はあります。借りている相手が変わるわけですから、条件は変わらなくても返済などが遅れた時に対応が厳しくなるということは考えられます。もちろん、その逆に緩くなることも考えられますがどちらに転ぶかはわかりませんから借りている側としては基本的にメリットはありません。基本的には返済先が変わるだけで、それまでと何一つ変わらないということを覚えておくと良いでしょう。

キャッシングを返せないときの解決法は

キャッシングを利用していると、一度くらいは返せないと思うときがあるでしょう。お金にある程度の余裕がある方は、キャッシングを利用しないものです。利用者の大半は金欠状態ですから、ちょっとしたきっかけで返済が難しくなります。非正規雇用の方ならば、大型連休が続いて収入が減れば、返済が厳しくなることがあるでしょう。また怪我・病気などによって働けなくなり、かつ治療費もかさんで返せない状態になることもあります。キャッシングを返せないときは、正直に業者に対して理由を話してみることです。良心的な業者であれば、一時的に返済猶予を設けてくれるでしょう。業者の中には毎月の返済額を減らしたり、利率を引き下げたりしてくれます。こうした対応策が提示されない場合は、弁護士に相談して解決法を聞くのが一番です。キャッシングを延滞すると遅延損害金がかかるので、1日と言えども延滞するのは避けましょう。延滞して一番困るのは、延滞金を支払うべき自分なのです。

キャッシングの利息を返還請求するには

今まで返済したキャッシングに過払いがある場合は、返還請求をして回収しましょう。キャッシングの金利は現在20.0%までしか認められておらず、それを超えると違法になります。ただ昔はグレーゾーンが認可されていたので、20.0%超で借りていた方は少なくないでしょう。過去にグレーゾーンで借りていた方は、弁護士を通して返還請求をするとよいです。弁護士に依頼すると費用がかかりますが、費用対効果として考えるならこの方法がベストでしょう。よりたくさんの過払い金を回収できるので、弁護士費用はすべて相殺できるはずです。自分で返還請求をしようとしても、足元を見られてしまう可能性が高いです。キャッシングのグレーゾーンについては、契約時からの利用明細を見れば判断できます。ただし、具体的な金額は自分で試算するのが難しいので、弁護士に調べてもらいましょう。過払い請求の相談費用は無料であり、もし発生していない場合は料金を支払う必要はありません。

キャッシングはギャンブルの使用には不向き

ギャンブルが趣味という方は多いですが、負けている方ほど借金をしている傾向があります。
キャッシングでギャンブルすることを覚えてしまうと、勝ってから返済しようと考えるようになります。
しかし、本当に勝てるだけの実力があれば、借金をするはずがありません。
賭け事全般に言えることですが、平均してつぎ込んだお金の8割くらいしか戻ってきません。
つまりは100万円をつぎ込んだ場合、手元に戻ってくるのは80万円くらいであり、残りの20万円は負けてしまうのです。
ギャンブルをするほど金銭的に逼迫していくため、娯楽としてお小遣いの範囲で遊ぶべきなのです。

キャッシングをして賭け事をしている方は、早急に改めるようにしましょう。
借りたお金には利息がつきますし、必ず返済日がやってくることを忘れてはいけません。
返済しないと取立てを受けますし、最終的に債務整理が必要になるでしょう。
債務整理をするとブラックになるので、今後のキャッシングや住宅ローン契約にも影響してきます。